北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.1

北海道爬虫両棲類研究報告 Vol.1が発行されました。

報告書VOL1-2-1

頒価1200円でしたが、完売いたしましので、
Web公開をこちらのページで行います。
(52ページ、白黒)

内容については以下のとおりです。

報  文

野幌森林公園で確認されたアライグマ(Procyon lotor)による在来両生類の捕食
堀繁久・植木玲一・札幌啓成高校科学部フィールド班

エゾアカガエル(Rana pirica)幼体の越冬環境確認一例
駒澤正樹

汽水湖内で確認されたエゾアカガエルRana pirica
照井滋晴・前田潤

江別市内の石狩川右岸におけるトノサマガエル(Rana nigromaculata)の生息について
徳田龍弘

北海道の島嶼の爬虫類・両生類のいくつかの記録
竹中 践

2012年調査によるシロマダラ(Dinodon orientale)の生息確認について
寺島淳一

エゾアカガエルの越冬死(2011-12冬)について
大西 勲

釧路湿原域に生息するキタサンショウウオSalamandrella keyserlingiiの一腹卵数(予報)
照井滋晴

短  報

エゾサンショウウオ成体の防御姿勢の一例
徳田龍弘

釧路市春採湖におけるカメ類の確認
照井滋晴

カラスはヒキガエルの天敵になりえるか??
斎藤和範

厚真町で発見されたエゾアカガエルの色素異常卵
浅野託矢・青山留美子・栗田洋一・小菅しおり・宍戸俊介・千代文也・森田衣久美・佐々木拓司・広瀬良宏・徳田龍弘

大  会
第1回北海道爬虫両棲類研究大会の様子
基調講演要旨
大会発表およびポスター発表要旨

投稿規定

連絡事項

表記の訂正

  • P1 著者の日本語住所
    ☓北海道厚別区→◯北海道札幌市厚別区