北海道爬虫両棲類研究報告投稿規程

(2012年11月2日制定, 2015年1月24日,2017年1月28日改訂)

本誌『北海道爬虫両棲類研究報告』は主に北海道に生息する両生爬虫類に関する原著論文・報文等を掲載する.原稿の著者は本研究会会員に限らない.原著論文以外の投稿文については,校閲者による審査は行わない.投稿内容に関する第一責任は投稿者本人に帰される.しかし,本報告に掲載するためには,投稿規定に沿った投稿文である必要がある.掲載することが決定と判断された場合は,著者は必要箇所を直し,改訂原稿を編集担当に送付する.投稿にあたっては論文の原本(本文,図,表など一切を含む)と,明瞭なコピー1部を送付する.また可能な限り,原稿と正確に内容の入った電子媒体(CD-RまたはUSBメモリー)を同封する.電子媒体に記録するファイルの形式は,テキスト形式,またはマイクロソフトワードの標準形式とする.
投稿された原稿のうち,原著論文については,編集委員会が指定する複数の識者の査読を受けるものとする.原著論文としての扱いを希望する場合は,原稿提出時にその旨申請する.
本報告の原稿の作成には,原則として日本語ワープロ(ワープロ専用機またはパーソナルコンピュータのソフトウェア)を使用する.日本語ワープロによる作成が困難な場合は,あらかじめ編集委員会にその旨を申し出る.用紙はワープロ専用用紙またはそれと同程度のA4判白色用紙を使用する.用紙は縦置き,横書きとする.投稿文は,一部を除き,1ページ当たり1600字(20字40行,2段組)の構成とする.頁数制限は原則として,刷り上がり20ページ以内とする.原稿の構成は,表紙,表紙ページ,本文,引用文献,図表とする.
a)表紙
表題,著者名,所属機関名およびその住所,E-mailアドレス,投稿年月日,引用文献を含む本文の頁数,図表それぞれの枚数を記す.
b)表紙ページ
表題,著者名,所属機関名およびその住所を記す.可能であればそれぞれ和英併記する.
c)本文
原著論文の場合は,原則として,英文要約,序文,材料及び方法,結果,考察,謝辞,引用文献の順序で記す.その他の報文の体裁は原著論文に準ずるが,構成上必要があれば,この通りである必要はない.一例報告に関しては,報告表題,観察者情報(氏名,所属,住所),観察年月日,観察場所,観察内容が記載されていれば,体裁は問わない.
文章は常用漢字,現代仮名遣いを用い記述する.句読点は,「,」と「.」を使用する.英数文字は半角文字を用い,全角は使用しない.学術用語はなるべく日本語とし,生物の和名は片仮名で記す.学名にはイタリック体を用いる.基本的な単位はメートル法を用いることとする.脚注は,表を除き,本文には用いない.用紙の四方に2.5 cm以上の余白をとり,本文の各頁の下中央に必ず頁番号を入れることとする.
d)引用文献
本文中の文献の引用並びに引用文献の書き方については,必ず本報の統一した書式に従う.
雑誌等からの引用:氏名.年.表題.雑誌名巻(号):頁‐頁.
単行本からの全体引用:氏名.年.書名.出版社名,所在地.総頁数(+図版数).
単行本からの一部引用:氏名.年.表題.引用頁.編集者(編).書名.出版社名,所在地.総頁数(+図版数),
(例)
徳田龍弘・本田直也.2012.北海道産シロマダラ(Dinodon orientale)の産卵孵化について.爬虫両棲類学会報 2011(1):6-9.
松井正文.1943.両生類の進化.東京大学出版会,東京都.302p.
徳田龍弘.2011.シロマダラ.34-37.北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑.北海道新聞社,北海道.95p.
e)表
表は本文中に初出の順に番号を振り,それぞれ別の用紙に記す.表の説明はそれぞれの用紙の表の上部に表1.…と通し番号をつけ記す.
f)図
本文中に初出の順に番号を振り,それぞれ別の用紙に印刷する.刷り上がりサイズを考慮して作成すること.特に,図中の文字については印刷された状態でも見やすいよう配慮する.図の説明は,図とは別に,1枚の用紙にまとめ,それぞれ図.1,…と通し番号をつけ記す.カラー図版を希望する場合は,その旨を明記し,印画紙またはそれと同等な用紙に写真を焼き付ける,あるいはプリントすること.なお,図(写真)の製版代は原則として著者負担とする.また,プリント等行えない場合は画像ファイルによる提出も認める.画像ファイルの形式はJPG,PNG,PDF等汎用性の高い形式とする.

原稿受理後は,原則として1回の著者校正を行う.著者は,その責任においていっさいの内容を確認し,編集担当まで返送することとする.
別刷については,PDF版は無料で配布される.印刷版を希望する場合は,50部単位で表紙の有無を選択,別刷作成費と送料は著者負担.
掲載原稿(原図・電子媒体を含む)は著者からの申し出がない限り,原則として返却しない.返却を希望する場合には投稿時に,切手を貼った返送用封筒を同封すること.
研究報告は初刷り以降は増刷しない.そのため,すべての初刷りが捌けた際には,HHS及びHHS関係団体によりインターネット上に論文・報文・一例報告は公開されることを著者は心得ておくこと.

北海道爬虫両棲類研究会への原稿送付先及び,編集に関する連絡先は下記の通りである.